MENU

引越し料金を最小限にする為のポイント

最小限の引越しにする為に抑えておきたいポイントとは

 

引越し料金を計算するうえで重要なポイントが荷物量と移動距離、引越しの時期です。

 

さらにはオプションサービスの有無によっても大きな影響を受けます。この中で移動距離については、本人の意向ではどうしようもないポイントです。

 

引越し料金を最小限にするには、それ以外の荷物量や引越しの時期、オプションサービスをどうするかに掛かっています。

 

荷物量を減らす

引越し業者へ依頼する荷物を減らせば減らすほど、見積もりは最小限に近づきます。不用な物はできるだけ今住んでいるところで捨てるようにします。

 

大型ごみの処分を引越し業者に依頼すると割高ですので、自治体の収集に依頼します。雑誌なども古紙回収に出し、売れそうな書籍はブックオフなどで買取りしてもらいましょう。

 

新居が近かったり、大きな車を持っているならダンボール類を自分で運ぶ方法もあります。ダンボールの数が多ければ作業は大変ですが、最小限の荷物量を目指すなら避けては通れない道です。

 

引越しの時期を変える

引越しは時期によって料金が大きく変わります。忙しい日と暇な日では倍以上の料金差が出ることも普通です。最小限の引越し費用を目指すなら暇な日を選ばない手はありません。

 

暇な日がいつかというと、一言で表すのは難しいです。まず3月4月の繁忙期は避けます。この時期は引越しが殺到するので、時に数倍の見積もりが出ます。

 

それ以外の月でも月末は避けて平日を選びましょう。その日が大安と友引以外であれば暇な日である可能性は高いです。

 

しかし、そこまで引越し日を変えることができるなら見積もりの時点で引越し業者と相談してみるのが一番良い方法です。

 

オプションサービスを見直す

引越し業者には梱包や開梱などのオプションサービスがあります。こういった自分でできることは依頼しないのが最低限の引越しでは前提です。

 

それ以外にもエアコンの取付・取外し工事も業者によって大きな差がでる場合があります。

 

必ずしも引越し業者経由で依頼する必要はなく、自分で安い電気工事業者を探せば安くできる場合があります。

 

エアコンが何台もあるなら数万円の差がでる可能性もあります。

 

関連記事

引越しを最小限の費用にする方法とは|元引越屋が答えます
引越し業者が思う最小限の荷物とは?
最小限の引越しでの相場はいくらくらい?